建築と法研究会 2018年1月13日

2018年1月13日、イギリス・ゴールドスミスカレッジにアートマネジメント留学した林 知一弁護士によるプレゼンテーションが行われた。文化遺産コレクションマネジメントの一事例研究として、British MuseumとBritish Libraryにおけるdigitisation project、特にGoogle Cultural Instituteによるコラボレーションの事例が取り上げられた。

Digital Archiveに関する悩ましい権利処理の議論の整理と合わせ、EUならではの個人情報保護関連のトピックも脱線気味ではあるが取り上げられ、活発に議論が行われた。イギリスのデジタルアーカイブ研究は国内でも先行研究が多数あり、今村哲也准教授の研究などが参照された。

林 知一「British Museum/British Libraryのdigitisation projects ネット時代の文化遺産コレクションのマネジメント事例」(2018年1月13日プレゼン資料)

British Museum Library digitisation_Japan Haritage_20180113

関連記事

  1. 研究会「非営利公益文化団体のファイナンス 〜英国・米国の事例から〜」

  1. This is my first time visit at here and i am genuinely impressed to read all at single place. Shena Mallory Britton

  1. この記事へのトラックバックはありません。