第132回吉武泰水ゼミ@香山壽夫邸

朝からの濃霧のなか、香山壽夫山荘において開催された、第132回吉武泰水ゼミに参加。

議題は、コミュニティにおいて建築の果たす役割について。柳宗理、武満徹、瀧口修造、谷川俊太郎、北杜夫らが別荘を有していた「普賢山落芸術家村」などを具体的事例として、夜遅くまで熱い議論が交わされた。

夜もまだずっと濃霧。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Amenity 2000 Association : the 3rd Symposium for Preservation of Historical Architecture

  2. 岡山

  3. ブルーノ・タウト@中公新書

  4. 「日本の家」展@東京国立近代美術館

  5. World Monuments Fund WATCH DAY (終了しました)

  6. 内藤廣「建築について」@建築家協会

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。