About

Japan Heritageは、法律・経済・建築・都市計画・金融の各方面で活躍する若手プロフェッショナルが集まり、明治期〜戦間期に建てられた貴重な建造物を中心として、その活用を通じた保存・保全のための活動を行っています。

名称一般社団法人 Japan Heritage
Founded / 発足2000年(文化と法研究会)
Incorporated / 設立October 13th, 2017 / 2017年10月13日
Address / 所在地Kanda Takagi Building 7F, 1-17-1 Kanda-Nishikicho, Chiyoda, Tokyo
東京都千代田区神田錦町1丁目17番地1 神田髙木ビル 7階 
2000Members of tax law seminar at The University of Tokyo form a group devoted to the study of culture and law.
東京大学法学部において、租税法(中里実)ゼミナール有志により「文化と法研究会」発足
2003“Culture and Law” becomes part of the Global Centre of Excellence Program at The University of Tokyo.
東京大学大学院法学政治学研究科COEプログラム「国家と市場の相互関係におけるソフトロー」において「文化と法研究会」として組織化(活動実績
2005Judicial precedents research division is established.
分科会としての「判例研究会」発足
2006Research focusing on historic preservation commences.
歴史的建造物の保存についての研究を開始
2017Japan Heritage is established as a nonprofit organisation.
歴史的建造物の保存活用についての研究および実践を目的とし、一般社団法人Japan Heritage設立